株式会社 本間組

  • S M L

    本文サイズ

HOMEHONMA NEWS新着情報

HONMA NEWS 新着情報

新潟経営大学「経営トップセミナー」にて、社長 本間達郎が講演を行ないました

建設業の特徴、役割を発信

 平成28年10月26日(水)、新潟経営大学(新潟県加茂市)にて、本間組代表取締役社長 本間達郎が大学生および一般社会人の聴講者約110名を対象に講演を行いました。
 この講演は、同大学が主催する「経営トップセミナー」の目的である「企業の第一線で活躍される経営トップの方々から、学生が教科書で学ぶことの出来ない『生の声』を聴くことで、貴重な経営実務の機会に触れること」の趣旨に賛同し、行ったものです。
 テーマは、「建設業と社会のかかわり」。建設産業の特徴や建設業が地域社会の成長を支える重要な基幹産業であることを説明し、聴講者の皆さんは講義にとても熱心に聞き入っておられました。
 結びに、本間社長は、これから社会に出る学生の皆さんに対して「学生や社会人生活においても自分の時間をつくることを心掛け、新聞や読書などからの情報収集や、また諸先輩方からの話しを真摯に聞くなど、何事も学ぶ姿勢を身に着け、これからの社会に貢献してほしい」とエールを送りました。
 今回の講演が建設業の役割について知っていただく良い機会となり、また将来について考えるきっかけとなれば幸いです。

講演の様子

熱心に聴講されている様子


[ 2016/11/07(Mon) ]

新CM制作のお知らせ

題名「スピーチ」 (3篇(「夢」・「想い」・「願い」)

 この度、新CMを制作し、10月下旬から放映しています。
 今回のCMでは、地域の皆様のさまざまな声に対し、本間組・社員が真摯に応えたい想いを表現しています。
 当社では、営業社員・現場社員・事務社員が一体となって、「地域の皆様に、安全・安心で、喜んでいただけるものをご提供したい」という熱い想いを込めて、これからも一つひとつの施工に取り組んでまいります。

[ 2016/11/01(Tue) ]

東京湾大感謝祭2016に出展

環境技術をPR

10月22日(土)、23日(日)の二日間、横浜赤レンガ倉庫及び周辺海上で東京湾大感謝祭実行委員会主催による「東京湾大感謝祭2016」が開催され、本間組(社長:本間達郎)もブースを出展し環境技術をPRしました。
 「東京湾大感謝祭」は、市民や企業、団体と国や自治体がともに、海の再生を考え、行動するきっかけを提供する場として2013年から開催されました。今回は「海にいいこと、やさしいこと、はじめよう!」をテーマに様々な催し物が開かれ、前回を上回る9万8千名の皆様が来場し、環境に対する関心の高さが窺えました。
本間組は自社保有環境技術として人工藻場造成技術「藻場造成システム」、水質浄化技術「トゥーリフレッシャーシステム」、保有最新施工管理システム及び環境負荷低減・環境配慮型作業船「にいがた401」の出展を行い、多くの方々にお越しいただきました。
 本間組は今後も環境に役立つ技術の開発を進めてまいります。

当日の様子(来場者数9万8千人)

各種イベント開催状況

本間組出展ブース

一般の方に説明している様子


[ 2016/10/31(Mon) ]