株式会社 本間組

  • S M L

    本文サイズ

HOMEHONMA NEWS新着情報

HONMA NEWS 新着情報

平成30年度HONMAグループ入社式を行いました

24名のフレッシュなメンバーが仲間入り

 平成30年4月2日(月)、本間組(社長:本間達郎)は新潟本社において平成30年度HONMAグループ新入社員入社式を執り行いました。
 今年度はHONMAグループ全体で24名の新入社員を迎えました。
 入社式では入社奉告祭を挙行し、役員と新入社員との記念撮影、役員紹介の後、新入社員の代表者が力強い宣誓を行い、晴れてHONMAグループの一員となりました。
 最後に本間社長が「私たちとともにいかに効率よく仕事をするかを考えながら取り組んでほしい。夢を持って良い仕事をできる建設マンになることを期待しています」と訓示を述べました。
 HONMAグループは、フレッシュな新入社員の皆さんと共に、役職員一同一丸となって一層邁進してまいります。

宣誓書を読み上げる新入社員代表

本間社長による訓示


[ 2018/04/09(Mon) ]

小学生を対象に「浚渫工事」の勉強会を行いました

「新潟港の歴史」や「浚渫」の役割を学ぶ

 平成30年2月9日(金)、本間組(社長:本間達郎)は、次世代を担う子どもたちに社会資本整備と建設業の重要性について理解を深めてもらうため、新潟西港に近い日和山小学校4年生約50人を対象に、施工中の「新潟港(西港地区)航路泊地浚渫工事」を題材に、今年で3回目となる勉強会を行いました。
 児童の皆さんは、来年1月に開港150周年を迎える新潟港の歴史と役割、船が安全に航行するために必要な浚渫工事についての説明を受けた後、実際に新潟港で稼働している本間組の浚渫船(第五越後)を、ドローン(無人航空機)を活用した動画を交えながら作業の内容についての説明を受け、理解を深めました。
 その後、模型を使って大きなバケットで土砂をつかんで運ぶグラブ浚渫と、掃除機のように土砂を吸い込んで運ぶポンプ浚渫の違いを体験できる実験を行いました。模擬土砂運搬の早さを競い合いながらも、それぞれのメリット、デメリットなどを熱心にメモし、発表していました。
 児童の皆さんにとって、今回の勉強会を通じて新潟港の役割や浚渫工事、そして建設業の重要性について少しでも知っていただく良い機会となれば幸いです。

新潟港の歴史や浚渫の役割について学ぶ

模擬実験の様子


[ 2018/02/22(Thu) ]

国土交通省関東地方整備局による「災害時の基礎的事業継続力」認定のお知らせ(東京支店)

認定証


国土交通省関東地方整備局が実施する『建設会社における災害時の基礎的事業継続力認定制度』において、弊社東京支店が平成30年1月1日に認定証の交付を受けましたのでお知らせいたします。

【認定の内容】
 1.名称
   関東地方整備局 災害時の基礎的事業継続力
 2.認定事業所
   株式会社 本間組 東京支店
 3.認定期間
   平成30年1月1日~平成31年12月31日

[ 2018/02/05(Mon) ]