株式会社 本間組

  • S M L

    本文サイズ

HOMEHONMA NEWS新着情報

HONMA NEWS 新着情報

災害時における事業継続計画(BCP)訓練を実施しました

突然の災害リスクに備え、迅速に行動する術を身に付ける

 本間組(社長:本間達郎)は、11月9日(金)大型台風が日本列島を強い勢力で縦断し、九州・近畿・新潟県及び東北地方全域で集中豪雨や高潮による浸水・河川の氾濫に見舞われるという想定のもと、新潟本社、東北支店、九州支店、関西支店、東京支店、佐渡支店で災害時における事業継続計画(BCP)訓練を行いました。
 今回の訓練では、災害が発生した現場からは携帯電話やタブレットパソコンを活用してリアルタイムの映像を配信し、現地と対策本部の迅速な情報共有を図ったほか、緊急避難場所やハザードマップによる危険水域の確認と報告、停電時の緊急備蓄品の確認を実践して、有事の際に行うべき行動を身に付けました。
 訓練終了後、本間社長は「今年は全国各地で様々な自然災害が発生した。今回の訓練で身に付けた判断力や行動を生かし、今後自然災害に伴う様々な要請が出た際にはしっかりと冷静な対応をしてほしい」と総括しました。
 本間組は、緊急時に建設業の使命を迅速に果たすために、今後も全社を挙げて準備を進めてまいります。

各支店・現場同時中継のテレビ会議システム

ハザードマップによる浸水地域の確認


[ 2018/11/15(Thu) ]

平成30年度 建設技術報告会に参加しました

パネル及びパンフレット展示の様子


「HONMAのICT技術」をPR

 10月25日(木)、石川県地場産業振興センターで行われた北陸地方建設事業推進協議会主催「平成30年度 建設技術報告会」に本間組(社長:本間達郎)が参加いたしました。
 北陸地方における建設事業の円滑な推進を図る目的で、官公庁及び民間の建設会社で研究・開発された新技術・工法等の報告会が毎年開催されており、今年で23回目となりました。
 本報告会では、16題の最新の建設技術の報告、24技術のパネル展示、7技術のパンフレット展示と、国土交通省 国土技術政策総合研究所 社会資本マネジメント研究センター長 清水晃氏の「ICT活用による建設生産性の向上」と題した基調講演が行われました。
 本間組は、港湾工事におけるクレーン作業安全誘導システムや、水中三次元測量システムなどHONMAの情報化施工技術についてパネル展示で紹介し、クレーンシステムの陸上作業への応用に関してやICTを活用した作業船の稼働状況について等、北陸地方整備局や他の建設業者の皆様から多くのコメントを頂戴しました。
 お越しいただいた皆様、ありがとうございました。本間組は今後も最新の技術や工法の改善・開発を積極的に進めてまいります。

[ 2018/11/15(Thu) ]

東京湾大感謝祭2018に出展しました(東京支店)

自社保有技術をPR

 本間組(社長:本間達郎)は10月20日(土)、21日(日)の二日間、横浜赤レンガ倉庫及びその周辺海上にて開催された『東京湾大感謝祭2018』にブース出展し、保有技術を紹介しました。
 『東京湾大感謝祭』とは、“海にいいこと、やさしいこと、はじめよう!”をテーマに、海の再生を考え、行動するきっかけを提供する場として、官民が協力して開催するお祭りです。今年は晴天にも恵まれ、約10万5千人の方々が来場し紹介・体験を通じて“海”に対する理解を深めました。
 本間組は、ICTの活用により高効率・高精度な施工を実現する「HONMA情報化施工技術」や「水中三次元座標測量システム」などを紹介し、またドローンの操縦シミュレーション体験を通して、ご来場された皆様には当社の技術に親しんでいただきました。
 今後も建設業の持つ重要な役割、魅力について発信していくとともに、環境に役立つ技術の開発を進めてまいります。

本間組出展ブース

当日の様子(イベント開催状況)

ご来場者への説明の様子

多くのお客様にご来場いただきました


[ 2018/11/05(Mon) ]