DM(ダブルミキシング工法)

課題
地盤改良
液状化対策技術
技術
土木

軟弱な深層地盤内に土壌改良処理を行う工法

ダブルミキシング工法は、スラリー状の改良材を軟弱地盤中に超低圧状態で送り込み、二重管式単軸に装着された互いに逆転する二段の攪拌翼で、機械的に強制攪拌することによって地盤内に安定処理土の改良体を形成する工法です。

特徴

  • 正逆回転機構を有した2段撹拌翼撹拌方式の採用により、均質な改良体を形成することができます。
  • 改良材は地盤条件に応じてセメント、セメント系固化材、消石灰系固化材等が使用できます。
  • バックホーをベースマシンとして採用することにより、改良機本体は機動性を有し、高い安定性を確保しています。
  • 低振動・低騒音・低圧注入による低公害型工法です。

施工システム

施工状況

DM仕様

機械仕様

型式 最大改良深度 改良径 全装備重量 攪拌装置部重量
DM025 6.0m 600mm 12.5t 7.0t
DM045-1 5.0m 600~1200mm 14.0t 2.0t
DM045-2 6.0m 600~1200mm 18.8t 4.0t
DM070-4 9.0m 600~1400mm 24.5t 6.5t
DM070-5 ※(12.0)
9.0m
600~1400mm 27.3t 6.8t
DM120 13.0m 600~1200mm 44.0t 14.0t
DM070-M
(泥上車タイプ)
4.0m 600~1200mm 27.0t 2.0t
DM202 24.0m(1軸)
18.0m(2軸)
1000~1600mm 132.0t 76.4t

攪拌装置

型式 最大トルク 標準回転数
DM025 12050N・m 24rpm
DM045-1 6266N・m 60rpm
DM045-2 6021N・m
5727N・m
低速26rpm
高速37rpm
DM070-4 23908N・m
11954N・m
低速24rpm
高速49rpm
DM070-5 12905N・m
7737N・m
低速46rpm
高速68rpm
DM120 24918N・m 40rpm
DM070-M
(泥上車タイプ)
6266N・m 60rpm
DM202 22026N・m
33141N・m
36rpm

昇降装置

型式 昇降速度 最大引抜力 傾斜修正
DM025 0.5m・nim 5.0t 前後・左右
DM045-1 0~1.0m・nim 2.8t 前後
DM045-2 0~1.0m・nim 3.6t 前後・左右
DM070-4 0~1.0m・nim 6.0t 前後・左右
DM070-5 0~1.0m・nim 6,5t 前後・左右
DM120 0~1.0m・nim 17.0t 前後・左右
DM070-M
(泥上車タイプ)
0~1.0m・nim 2.8t 前後
DM202 0~1.0m・nim 48.0t 前後・左右

改良イメージ

盛土等の基礎
盛土・水路等の
すべり破壊防止
土木建築構造物の基礎
掘削工事における
山留め・止水
横方向地盤抵抗値の
増加
引込み沈下防止
振動伝達抑制
橋台背面等の
段差防止
砂地盤の液状化対策

施工実績

  • 南郷下流地盤改良工事 (平成11年) 建設省
  • 向山西山停車場線ふるさとづくり道路事業(軟弱地盤対策) (平成13年) 新潟県
  • 地方特定道路整備代行事業軟弱地盤処理工事 (平成14年) 新潟県
  • 才歩川床上浸水対策特別緊急(地盤改良その1)工事 (平成16年) 新潟県
  • (仮称)新潟市松美台宅地造成工事 (平成18年) 民間

工法・技術に関するお問い合わせ

株式会社本間組 土木事業本部 技術部

FAX : 025-223-5040
一覧へ戻る