情報化施工技術 函体据付効率化施工システム

課題
ICT・情報化施工
港湾・海洋建設技術・浚渫技術
技術
土木

NETIS:HRK-160002

ケーソン据付作業の効率化、安全性向上を図る技術

本技術は、「HONMA函体据付システム」に加え、集中制御室で函体水位・函体位置制御用ウインチを遠隔監視および遠隔操作することで据付作業を一元監視、管理、制御するシステムです。

特徴

据付作業の効率化と安全性の確保

  • 集中制御室で監視、管理、制御を一元化することで、情報伝達や機器操作の面で効率化を図ることができます。
  • 函内水位調整および位置制御用ウインチ操作といったケーソン上の作業を無くすことで作業に伴う危険を排除し、安全性が向上します。
  • 水中部および気中部における新設ケーソンと既設ケーソンの近接状況を監視カメラにより監視することが可能であるため、接触防止をより確実に図ることができます。

ケーソン据付精度の確保

  • ケーソンを許容範囲内で据え付けることができるだけではなく、ケーソンの平面的な位置や姿勢をリアルタイムに定量的かつ視覚的に把握することで、的確な誘導指示を行うことができます。


HONMA函体据付システムモニター


水位計監視モニター
監視カメラモニター

施工実績

  • 那覇港(浦添ふ頭地区)防波堤(浦添第一)築造工事
据付状況
集中制御室

工法・技術に関するお問い合わせ

株式会社本間組 土木事業本部 技術部

FAX : 025-223-5040
一覧へ戻る