情報化施工技術 HONMA函体据付システム

課題
ICT・情報化施工
港湾・海洋建設技術・浚渫技術
技術
土木

特許第5557163号

ケーソン据付作業の精度確保と安全性の向上を図る技術

ケーソン据付精度の確保と安全性の向上を図ることを目的に構築されたシステムです。3台の自動追尾式トータルステーションと水中カメラを連携させ、据付作業中のケーソンの平面位置と姿勢を数値的、視覚的に管理することができます。

特徴

ケーソンの据付精度を確保

  • 据付途中のケーソンの平面的な位置と姿勢を作業指揮者がモニタ上で確認できます。
  • ケーソンの位置と姿勢を数値的にリアルタイムで把握し、的確な誘導指示を行うことで据付精度を確保できます。

ケーソン据付時の安全性の向上

  • 水中カメラを設置することにより、動揺しているケーソンの底部における既設ケーソンとの離隔を動画監視することができます。
  • 据付ケーソンの数値的な位置管理と水中部の動画監視により、既設構造物との接触防止等、安全性が向上します。
システムモニタ


自動追尾式トータルステーション
水中CCDカメラ

施工実績

  • 金沢港(大野地区)防波堤(西)築造工事(その2)
  • 久慈港湾口地区防波堤(南提)築造工事
  • 新潟港(西港地区)航路泊地付帯施設護岸築造工事(その3)

工法・技術に関するお問い合わせ

株式会社本間組 土木事業本部 技術部

FAX : 025-223-5040
一覧へ戻る