情報化施工技術 港湾工事運航管理システム

課題
ICT・情報化施工
港湾・海洋建設技術・浚渫技術
技術
土木

周辺船舶の位置および動静をリアルタイムかつ一元的に把握・管理する技術

本技術は、周辺海域に存在する船舶の位置や航行状況を一元管理し、情報を共有することで安全な運航管理ができるシステムです。(※特許出願中)

管理モニタ

特徴

  • AIS(船舶自動識別装置)とレーダー、GNSSにより入手した船舶情報が管理モニタの地図上に実寸表示され、視覚的に現場周辺船舶の航行状況を把握できます。
  • 周辺船舶の針路および航行速度がモニタ上に直線方向と長さで表わされ、1・3・5分後などの船体位置予測ができます。
  • 周辺船舶の位置予測により早めの衝突回避行動や、航路への進入・横断時機の適切な判断ができ、安全性が高まります。
  • システムへの座標値入力により任意の警戒区域が設定でき、区域内に船舶が侵入するとリアルタイムに警報が表示されます。
  • ケーソンなどの水中構造物の海上移送では、構造物の傾斜量および方向がリアルタイムに測定・表示され、夜間でも安全に移送できます。
傾斜計表示装置

施工実績

  • 新潟港海岸(西海岸地区)突堤築造工事
  • 酒田港外港地区泊地(-14m)浚渫工事
  • 徳島小松島沖州(外)地区航路・泊地(-8.5m)浚渫工事

工法・技術に関するお問い合わせ

株式会社本間組 土木事業本部 技術部

FAX : 025-223-5040
一覧へ戻る