ZEBの取り組み

課題
環境・エコロジー
技術
建築

弊社の基本理念である「創ります。人と自然と文明の共存を。」には、よりよい環境を将来のこども達に引き継ぐ思いが込められています。
持続可能な社会の実現に向けて、省エネ建物の設計・施工の実績を踏まえ、創エネ・畜エネ技術の取り組みを強化し、ZEB事業の参画を目指しています。

ZEBとは、Net Zero Energy Building(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)の略称で、「ゼブ」と呼ばれています。快適な室内環境を保ちながら、省エネと創エネにより、「建物で消費する年間の一次エネルギーの収支をゼロにすることを目指した建物」を指します。

ZEBの考え方

ZEBの定義


ZEBの推進はフェーズ2へ

当社は2021年度にZEBプランナー登録を行い、現在ZEBの設計施工案件の受注活動を推進しています。
一般社団法人環境共創イニシアチブでは、第6次エネルギー基本計画に示された政策目標の実現に向けて、2022年度以降を「フェーズ2」の段階として、更なるZEBの普及を目指しています。
当社も登録会社として、以下の目標を掲げて引き続き取り組みを推進していきます。
ZEB推進目標:2025年度に自社が受注する建築物のうちのZEBが占める割合を50%以上

ZEB実証関連事業の実績

工法・技術に関するお問い合わせ

株式会社本間組 建築事業本部 建築部設備課

FAX : 025-228-9610
一覧へ戻る