TLT工法

課題
廃棄物の減容化・処理場の延命化
環境技術
技術
土木

TLT工法の概要

現在、廃棄物処分場は用地確保が困難であることなどから、廃棄物処分場の新設が難しい状況にあります。しかしながら、既設処分場の残余量には限りがあるため、今後、廃棄物を安定的に処理できる新たな方策が求められています。
TLT工法は、土砂を排出せずに穴を削孔する「無排土孔壁工法」を応用し、廃棄物を水平方向から掘り固めることで圧縮して減容化するものです。

資料ダウンロード

工法・技術に関するお問い合わせ

株式会社本間組 土木事業本部 技術部

FAX : 025-223-5040
一覧へ戻る